スリムゼウス 洗濯

加圧シャツのスリムゼウスもほぼ24時間着用していると汗臭くなりますので、毎日の洗濯が必要ですね。
しかし、洗濯をしてしまうとスパンデックス繊維の引き締め力が低下してしまうのではないかと心配する方もいるのではないでしょうか。

 

スリムゼウスは基本的には普通の洗濯物と同じように洗えます。

 

独身の方、単身赴任の方でも大きな手間がかからず洗濯出来る手軽さも、手に入れやすいきっかけにつながっているようです。

 

ここではスリムゼウスの洗濯の仕方を詳しくお伝えします。

加圧シャツスリムゼウスの洗濯方法

洗濯タグ表示が旧式の商品もありますが、ひとつずつ洗濯表示記号について説明していきます。
消費者庁の洗濯表示(平成28年11月30日まで)を参照にしています。

  • 液温は、40℃を限度とし、洗濯機の弱水流又は弱い手洗い(振り洗い、押し洗い及びつかみ洗い)がよい。
  • 塩素系漂白剤による漂白はできない。
  • アイロンは120℃を限度とし、低い温度(80~120℃まで)で掛けるのがよい。
  • ドライクリーニングができる。溶剤は、石油系のものを使用する。
  • 日陰のつり干しがよい。

 

このように説明されていますが、家庭用の洗濯機では次のポイントに気をつけましょう。

 

洗濯ネットに入れて洗う

 

100円程度で販売されている洗濯ネットに入れて洗濯することをできればおすすめします。

 

伸縮性の高い繊維を使用しているので、他の洗濯ものと絡まって加圧シャツの表面に毛玉ができることを防ぐためです。
いくら下着とはいえ、加圧シャツに毛玉がついても他の方から見えませんが、新品のような状態が続いているシャツの方が着用を続けたいですね。

 

ソフト・ドライなどおしゃれ着コースをえらぶ

 

洗濯トラブルから回避をしたいという方は、おしゃれ着と同じ取り扱いを心がけましょう。

 

長期に渡ってスリムゼウスを使うことを検討している方は、セーターのようなおしゃれ着と同じようにエマールやアクロンなどの洗剤を用いてドライコースで洗濯しましょう。
洗剤の洗浄成分が繊維の中に浸透して服を傷めず洗えます。
加圧シャツを着用しているときに出来てしまうこすれ毛玉を防止する洗剤もあります。

 

スリムゼウスは乾燥機にかけられる?

スリムゼウスの購入枚数が少ないと、毎日着用するためには洗って干してを繰り返すことになります。
乾燥機を使えると楽なのですが、スリムゼウスは化繊の下着と同じように、縮んでしまう可能性があります。

 

高温の乾燥機にかけるのはやめたほうがよいでしょう。縮んだり、痛みの原因になってしまいます。

 

スリムゼウスは日陰で陰干しを推奨していますので、残業続きで洗濯が出来ずにたまってしまったワイシャツと共に洗濯後、浴室換気乾燥機を朝までかければほぼ乾くでしょう。

 

浴室換気乾燥機が備わっている住まいならば、スリムゼウスの購入枚数を減らすことも可能です。

 

 

スリムゼウスの口コミまとめと30代のあなたが買うべき3つの理由